Tips : FM-TOWNS -1-
2013/10/9

FM-TOWNSでFDとCDを管理する


FM-TOWNSは、CD, FD, HDDなど、対応メディアが複数あります。
このTipsでは、FDとHDDの混在するパソコンや、CDとROMが混在するゲーム機など、メディアの混在する場合の管理法を、FM-TOWNSでFDとCDの混在を例に紹介します。

今回紹介するのは次の2つの方法です。

  1. "FM-TOWNS" という機種に、FDとCD両メディアを設定し、登録アイテムのメディアアイコンを個別に変更する方法
  2. "FM-TOWNS", "FM-TOWNS(CD)" のように、マスタ管理上2つの機種を作り、選出するクエリで両機種を対象にする方法

ちなみに作者は 2. の方法で管理しています。

方法その1

"FM-TOWNS" という機種に、FDとCD両メディアを設定し、登録アイテムのメディアアイコンを個別に変更する方法

シンプルな方法ですが、エミュレータ設定など後々煩雑になってしまうデメリットもあります。

機種作成

メニュー>管理>機種 で「管理ダイアログ」を開きます。
機種マスタ管理
追加ボタンをクリックして「機種管理ダイアログ」を開きます。

機種追加

"FM-TOWNS"という機種を作成し「ROM/DISKイメージの拡張子」へ対応するFDとCDのイメージファイル拡張子を設定します。

.ccd;.cue;.img;.D88;.bin;.XDF;.hdm;

デフォルトメディアタイプは、とりあえず3.5インチフロッピーにしておきます。
(CDのほうが沢山あるという人はCD-ROMでも良いです)

イメージの取り込み

メニュー>データベース>イメージファイルの追加で「イメージファイルの追加」ダイアログを開きます。
イメージファイルの追加

機種 "FM-TOWNS" を選択、検索フォルダを指定して取り込みます。

FDイメージとCDイメージのフォルダが分けてあるなら、メディアアイコンを適宜指定してから取り込むのが良いでしょう。 混在している場合は取り込んだ後で「レコード編集」から個別にメディアアイコンを変更すれば良いでしょう。

エミュレータ設定

機種 "FM-TOWNS" 用に、FD起動のコマンドラインや、CDのマウントバッチを経由するものなど、必要なエミュレータ設定を作成します。

以下は UNZ を使用させて頂いた例です。

FD起動コマンドラインの設定例

FD起動設定例

対応機種は"FM-TOWNS"を選択。
設定名は FD 起動用と判るようにする。
起動オプションは以下の感じで指定する。

-f0 $image -f1 $image2

CD起動&2枚目のFDDをドライブ0に挿入する設定例

CD起動設定例1

対応機種は"FM-TOWNS"を選択。
設定名は CD 起動用と判るようにする。
起動オプションは以下の感じで指定する。

-f0 $image2

補助設定2タブへ移動し CDマウントバッチが走るように設定する。
CD起動設定例2

起動時に実行するプログラム1へCDマウントバッチを指定。
同じくオプション1へパラメータ(マウント先ドライブと $image1 )を指定。

設定が済んだらデフォルトエミュレータを指定します。
デフォルトエミュレータ指定

画像はFD起動用設定をデフォルトにしています。
CDイメージが多い場合はCD起動用設定をデフォルトにすると良いでしょう。

このままではCDから起動させたいタイトルもFD起動になってしまいます。
CDから起動させたいタイトルは、アイテムリストから「レコード編集」を開き、「個別エミュレータ設定」へCD起動用設定を指定します。 これでCDから起動するようになります。

検索抽出

機種検索は "FM-TOWNS" や "TOWNS" でヒットすることになります。

クエリツリーに FM-TOWNS の抽出クエリを登録するなら次の様な記述でよいでしょう。
検索クエリ

SELECT * FROM list_view WHERE machine_name = 'FM-TOWNS' ORDER BY title;

 
 


2."FM-TOWNS", "FM-TOWNS(CD)" のように、マスタ管理上2つの機種を作り、選出するクエリで両機種を対象にする方法